家庭向け浄化槽

宮城県内のお客様宅の浄化槽を40年以上に亘り維持管理(保守点検)させて戴いております。

設置工事、維持管理(保守点検)、清掃、補修、単独浄化槽から小規模合併浄化槽への入れ替え 等

浄化槽の設置工事

施工前

掘削

基礎砕石転圧

基礎型枠・コンクリート打設

基礎配筋

基礎コンクリート打設

基礎完成

浄化槽搬入

水張り、漏水検査

埋め戻し、水締め

埋め戻し、転圧

ブロア配管

スラブコンクリート打設

スラブ配筋

スラブコンクリート打設

スラブ完成

施工後

浄化槽の維持管理(保守点検)

浄化槽は定期的に保守点検が必要です。
わたしたち人間の健康診断と同じです。
安心してお使いいただくために装置が
正しく機能しているかどうかを調べます。

※保守点検は浄化槽法に基づく国家資格者を有した浄化槽管理士が行います。

浄化槽は水中の微生物の働きで汚物を分解し、きれいな水にして放流する装置です。微生物を常に良好な状態に保っておくには、ブロワの点検、消毒剤の補給、水質検査等、保守点検が必要です。保守点検とは、「浄化槽の定期健康診断」と言えます。

浄化槽が正しく働くよう槽内の調整を行います。

適正な使用状態で、定期的に正しく保守点検されている浄化槽はいつも健康できれいな放流水を出します。装置の多面的なチェックと余地保全によって浄化槽の病気を事前に察知して防ぎます。

保守点検を怠ると汚れた水が放流され、非衛生で環境汚染につながります。

浄化槽は適正な維持管理をしないでそのまま放置すると正常な水質を維持できない場合があります。汚れた水が放流され環境衛生上の問題になり、公共水域の汚染にもつながります。
そのため自動車の定期点検と同様に浄化槽を正常な状態で使用するための保守点検が「浄化槽法」第8条・第10条で義務づけられています。

保守点検契約をされますと毎日が安心です。

環境と人に優しい暮らしになります。ご近所にご迷惑をおかけすることもありません。

弊社では、お客様に浄化槽の正しい使用法をご説明し水質検査によって環境を保全するという大きな使命を担っています。
また、お客様は本契約によって次の「安心」が得られます。

1.法律を尊守できます。
2.快適さの保証が得られます。
3.装置の運転効率が向上し適正な機能保持ができます。
4.専門家への委託で浄化槽についての心配がありません。

浄化槽でお困りの方、悪臭で悩んでいる方、保守点検契約がお済みでない方をご紹介ください。

浄化槽から悪臭がでる、騒音がうるさい、排水が詰まり気味など、浄化槽について困っておられる方がいましたらご紹介ください。弊社が責任をもって対応させていただきます。
また、保守点検契約をどこへ頼めばよいのかわからない、あるいは浄化槽の入れ替えの相談先が知りたいという方についても弊社をご紹介くださるようお願いいたします。
弊社は地元に密着して浄化槽の保守点検及び設置工事など水まわりの仕事を手がけ既に40年以上の実績がございます。