公共下水道管・農業集落排水管・樋管・工場等の排水管

公共下水道管・農業集落排水管・河川の樋管(ひかん)・工場等の排水管は、どれも大量な水を流す重要施設です。適切に維持管理を行うことで、流下性能が確保できます。
弊社は、現状の調査から補修・更生工事まで、管路施設の維持管理活動を強力にバックアップします!

調査・・・流量調査、テレビカメラ調査、衝撃弾性波検査
清掃・・・高圧洗浄・清掃
障害物除去・・・木の根・油脂類・モルタル等の除去
補修・・・経年劣化や破損した箇所を部分的に補修
更生・・・老朽化した管きょの更生・耐震化・長寿命化

SPR工法とは

SPR工法は既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填。
古くなった管きょを既設管・更生管・裏込め材が一体となった強固な複合管として蘇らせます。

日本SPR工法協会
http://www.spr.gr.jp/

SPR工法の特徴

道路を掘り起こすことなく施工できます。
機材は全てマンホールから管路内に入れるため、道路を掘り起こすことなく、施工できます。非開削のため土砂などの廃棄物の発生がありません。

どんな断面形状でも対応できます。
円形、矩形、馬蹄形をはじめあらゆる断面形状に対応します。

通水しながら施工が可能です。
下水を流しながら施工可能なため、本管内の仮排水は不要です。

自走式なら長距離施工、曲線施工が可能です。

管路施設の耐震化が可能です。
避難施設と処理場間の管きょや国道など重要道路下、軌道下などの管きょ施設の耐震対策として最適です。

製管途中でも作業の中断が可能です。
急な集中豪雨時などでも作業を中断することができます。 また、プロファイルの接続により作業を再開できます。